押さえておきたいおせち料理の基本的中身

おせち料理の基本的中身は御節料理の祝い肴三種、煮しめ、酢の物、焼き物で地方等により内容構成は異なります。祝い肴三種は関東や関西で違いがあり黒豆、数の子、ごまめは関東、黒豆、数の子、たたきごぼうは関西です。

 

ひとつ、ひとつの料理は火を通したり酢に付けたり、干したりして味を濃くし日持ちする物が多い特徴が有ります。またお正月に家事から女性を解放する要素もあるそうです。

 

おせち料理に入っている黒豆は邪除けと無病息災を願った物です。数の子は五穀豊穣と子孫繁栄を願った物です。ごまめは田作りと言われイワシの幼魚で五穀豊穣を願った物です。たたきごぼうは豊作や息災を願った物です。紅白かまぼこは初日の出の形に似ており赤色は魔よけ、白は清浄を意味し縁起が良いとされています。伊達巻は巻物、書物に似た形から文化、学問、教養を願い縁起が良いとされております。栗きんとんは金運を願った物です。これらが祝い肴の料理です。

 

焼き肴は鰤の焼き物で出世を願った物です。鯛の焼き物はめでたいの語呂合わせです。海老の焼き物は長寿や出世を願った物です。鰻の焼き物は出世を願った物です。酢の物は紅白なますでお祝いの水引きをかたどった物です。ちょろぎは長寿を願った物です。酢蓮は将来の見通しがきくと言う縁起担ぎです。煮物は昆布巻きで喜ぶの語呂合わせや文化、学問を願った物です。陣笠椎茸は武家社会のなごりです。楯豆腐も武士社会のなごりです。手綱こんにゃくも武士社会のなごりです。芽出しくわいは一年を快く過ごせるようにと願った物です。花蓮根は将来の見通しや実を結ぶよう願った物です。矢羽根蓮根は破魔矢の矢羽根に見立てた物です。八ッ頭は子宝を願った物です。金柑は財宝とし金冠を意味する。これらの縁起担ぎや願いなどが入った特別の食材や料理方法でおせち料理は造られております。

おせち料理の基本的中身について学ぼう / おせち通販ランキング関連ページ

おせちの由来について学ぼう
生おせちについて
洋風おせちについて
中華おせちについて

このページの先頭へ戻る