おせちの由来が知りたい

おせちの由来は中国から伝わった五節供の行事に由来する。現代のおせち料理とは異なった料理や盛り付けです。バイキング形式のように盛り合わせた料理でした。おせちは御節供(おせちく)の略語で奈良時代には朝廷内で節会が行われ、その時に供される供御を節供と呼びました。

 

一般庶民が五節会の儀をならい御節供を行うようになったと言われております。本来は五節旬の祝儀料理を行っておりましたが、日本で最も重要な節旬の正月料理を指すようになりました。主に江戸時代の武家作法の正月料理が中心となって形造られるようになりました。

 

現在の関西では蓬莱飾りと呼び、関東では食積、九州では蓬莱台と言い、歳神様に三方などで縁起が良い食べ物を飾り年始のあいさつに訪れたお客様等に振舞い家族も食べていました。のちに正月料理は重詰め等に変化しお膳に盛られた料理をおせちと呼び、重詰めした料理を食積と呼びました。

 

次第に融合化が進み重箱に本膳料理の煮染めを中心に料理が詰められるようになりました。また正月料理の重詰めは江戸時代の文化や料理の影響を受けているとされております。明治以降に重箱に御節料理を詰めるようになり現在の重箱形式の正月料理になり御節と呼ぶようになりました。

 

これらの形式や手法が完全に確立したのは戦後の事です。デパート等が華やかな彩りある重箱入りの御節料理を販売しました。一般家庭でも様々な素材を用意して手作りでおせち料理や御節料理を準備する所も有ります。年末になると各お店でおせち料理の素材の販売が行われます。日本伝統的行事の一つである正月料理は歴史や文化、地域の特徴や影響を受けながら現代のおせちまで進化し多くの方に食されております。

おせちの由来について学ぼう / おせち通販ランキング関連ページ

おせち料理の基本的中身
生おせちについて
洋風おせちについて
中華おせちについて

このページの先頭へ戻る