東急デパートの歴史とおせち料理が知りたい

東急百貨店は東京横浜電鉄が渋谷に1934年に東横百貨店を開業。その後、老舗百貨店白木屋と合併しました。東横百貨店は鉄道系の百貨店で白木屋は呉服店系の百貨店でした。合併することにより東急百貨店は発展してきました。

 

その当時、日本には鉄道系と呉服系の二タイプがあり東急百貨店は呉服系の伝統も受け継ぎました。こうしたノウハウを持ち現在の東急百貨店ならではのおせち料理を提供して販売しております。伝統を代々受け継ぐ老舗の味や感性豊かなシェフの味を多彩なおいしさで提供販売しております。

 

最近では東急百貨店の生おせちが人気があります。老舗伝統の味から有名シェフの自信作までおいしさを盛り込んだおせちとなっております。東急百貨店ホテルオークラ・和洋おせち二段重は和の伝統美を取り入れた名門ホテルのおせちです。創業以来、各国のVIPや裕福層のお客様をもてなす、日本代表するホテルならではの輝かしい伝統と磨き上げられた料理を詰め込んだおせち重になります。

 

また冷凍や真空パックで作りたての味を味わえるおせちも有ります。こちらの新春おせちは平均一万5000円ぐらいです。もちろん全国に発送も致します。東急百貨店では老舗・名店のおせちも扱っておりますので和洋中、料亭、ホテルなど様々なジャンルでお客様の新春をもてなしてくれます。京料理 美濃吉和風おせち三段重は290年余り続く老舗、代々守り継いだ秘伝の技が入ったおせちになります。奥城崎シーサイドホテルおせちは三段重です。海の幸を中心に洋食の商品も入ったおせちになります。また迎春祝膳もご用意されており、おせち料理におめでたい料理を一品追加出来る感じで単品でも承り致します。おめでたい料理は東急百貨店おせち「ふぐ刺し」や「たらばがにとずわいがにミックス」等です。

東急デパートの歴史とおせち料理 / おせち通販ランキング関連ページ

高島屋
大丸・松坂屋
伊勢丹

このページの先頭へ戻る