高島屋デパートの歴史とおせち料理 について

高島屋百貨店の歴史は1831年天保2年に京都にて創業者飯田新七が古着と木綿商を開業し始まりました。海外での博覧会に豪華な刺繍を施した着物などで数々の賞を受賞し宮内省御用達の栄誉を冠する百貨店にまで育ちました。当時の百貨店では早くからショーウィンドウを導入し、その後の百貨店経営のモデルとなりました。

 

イメージフラワーであるバラを包装紙に用い現在でも高島屋百貨店の各店舗で活用されています。大手老舗百貨店では数少ない独立系百貨店で2007年には朝日新聞アンケートで「好きな百貨店第一位」を獲得されました。グループ経営理念は「いつも、人から。」で企業メッセージは「“変わらない”のに、あたらしい。」です。この様な名門的歴史ある高島屋百貨店での毎年開催される「おせち料理とは」についてご説明していきます。

 

高島屋百貨店おせちが毎年人気が有る理由は厳選された食材やおいしさ、他にはない新しい企画などでお客様を楽しませてくれる所です。こだわりの高級素材を使い有名料亭や有名ホテル、有名レストラン、定番の高級料亭、老舗の名店、高島屋オリジナルおせちなどを扱い子供から大人まで毎年人気があります。食材の質、量、種類の良さを始め、おいしさ楽しさを提供し毎年売り切れが出ます。

 

早めのご予約を検討されても良いぐらいです。種類的には有名料亭おせち、京都料亭おせち、料亭おせち、名店おせち、オリジナルおせち、和風おせち、ホテルおせち、洋風おせち、中華おせち、韓国おせち、小人数おせち、ヘルシーおせち、レストランおせち、一人前おせちなどです。高島屋百貨店人気おせちはタカシマヤオリジナルおせち料理「錦」三段重、タカシマヤオリジナルおせち料理「福」三段重、京菜味のむら・おせち料理八坂三段重などです。

高島屋デパートの歴史とおせち料理 / おせち通販ランキング関連ページ

大丸・松坂屋
東急
伊勢丹

このページの先頭へ戻る